女の子背景画像

絶対に知っておくべき!
映画オーディションに合格するための演技5選

アイコン画像 オーディション研究所

映画オーディションとは

image description

映画のキャスト(主役から脇役まで)を決めるためのオーディション映画には 商業映画と自主制作映画があり、全国ロードの映画館で上映されるような 商業映画は事務所やキャスティング会社に募集情報が入ってくるのが一般的です。 自分で探せるようなインターネットなどに載っているような一般公募の オーディションは自主映画のものが実は多いんです!

意外と知らない、映画オーディションで好かれる演技と嫌われる演技とは!?

image description

映画のオーディションでは映像演技のスキルが必須で映像と演劇を 混同していると即不合格に!発声や呼吸を意識的に行ってしまい 声を作る声を張ることや身振り手振りなどの動作がとても大きかったり と演劇では当たり前のように 行ってることは映像では必要ありません!その真逆でよりリアルに近い 関わったことのない俳優さんともそこにあたかも親子関係、恋人関係が 存在するかのようななじみが必要です。

映画オーディションに合格するための演技4選

image description

・腹式呼吸を使わない

映像演技では声をはったり遠くまで届かせる演技ではないため、複式呼吸は必要ありません! 普段生活で会話してるような自然な呼吸が大事になります。


・カメラ位置

間違ってもカメラ目線にはならないように一人で芝居をする場合は目標物を定めてそこに 人がいるようにして演技をしましょう!


・目線

映像ではアップになったり役者の表情というのがとても重要になってきます。 目線をおとしたり瞬きが多かったりなど一つ一つの表情が意味あるものとして行われるため、 無意識にやってしまう自分の癖やセリフを忘れてしまった時の思い出そうとしてる顔も全て 分かってしまいます。映像演技では普段から実際にカメラなどを用いてみると良いでしょう!


・スタートの合図

撮影がスタートする合図として用意、スタートという声から始まることが多いです。 スタートの合図はカメラがまわったという合図です。しっかりと合図を聞いてから 演技を始めましょう

まとめ

image description

キャストオーディションでは実力や実績が備わっている役者さんがたくさん受けにきます。 その人たちと並ぶ技術を習得し勝ち取っていくためには、習得する中身がとても大事です。 表情や間合い、呼吸など日頃では意識していない当たり前のことように行っていることが 映像ではとても大事になってきます。実際カメラがまわってあたふたとしてしまわないよう、 日頃から実践的なことを学んでいけるところが良いですね!