女の子背景画像

【絶対合格!】
合格の秘訣は85%志望動機!

アイコン画像 オーディション研究所

芸能人になりたい!とオーディションを受けようとすると必ず通らなければいけないのが、一次審査です。 自分の思いを審査員に対して いかにアピールできるかが、まずは合格への第1歩となります!

志望動機と言われても、いったい「どうやって考えをまとめればいいんだろう…」と悩む方も多いと思います。 審査員が注目していると言われる志望動機をまとめておくことは重要なポイントです! そこで、今回は志望動機のまとめ方のヒントをご紹介していきます!

志望動機ってなに?

サムネイル画像01

志望動機とは、「このオーディションをなぜ、受けようと思ったのか」という気持ちことです。 ただ、ここで注意して欲しいのは、「○○さんに憧れて」とか 「将来性のあるプロダクションだから」 という ような志望動機だけでは審査員には伝わらないということです。 もし、審査員だったとしてもあなたの 憧れのタレントのことや 会社の将来性のことを知りたいわけではありません。

ここで重要なのは、審査員があなたの何を知りたがっているのかということを考えてみましょう!当たり前だと思われるかもしれませんが、 能力だったり、 どんな資質があるのか気になります。 どんな仕事をしたいのか、どんなタレントになって、どのように活躍したいのかを伝えることで、審査員に あなたの本来の志望動機を伝えることができます。

志望動機をうまくまとめる
ヒントはあるの?

サムネイル画像02

自分の気持ちをまとめると言ってもなかなかうまくまとめるのは難しい…そう感じている人も多いと思います

その場合は、細かく自分に問いかけてみるのが志望動機を書くヒントになります。 将来の目標は何か?その目標と、このオーディションとどうつながるのか。憧れのタレントは誰だろう? どうして、その人のようになりたいのか。

細かくかみ砕いていくと必ずあなたの志望動機が見えてきます!難しく考えすぎず、あなたなりの素直な気持ちを表現してみましょうね♡

複数のオーディションを受ける場合、自己PRは、オーディションごとに変える 必要はないのですが、志望動機は、募集のテーマがオーディションごとに異なっています。 そのテーマに沿った志望動機が必要になるので、この点も注意してみましょう!

でもやっぱり考えすぎないことも大切◎

サムネイル画像03

志望動機をまとめるにあたって、いろいろ考えていくうちに段々となりたい自分を見つけることが出来ると思います! 「目標があるから、こうなりたい!」「私はこう感じたから、こうなりたい!」という思いをまとめることが出来れば 審査員にも伝わると思います◎
ですが、大事なのは自分の考えをストレートに完結に審査員に伝えること!何百人と 審査している審査員の目に留まるように、考えすぎて回りくどい言い方になってしまったりしないように気を付けましょうね!

あなたの気持ちが審査員に伝わりますように♡