女の子背景画像

オーディションの自己PRで
求められる事とは?

アイコン画像 オーディション研究所

憧れの芸能界…オーディションは絶対に受かりたいですよね!オーディションで多く求められる「自己PR」はしっかりとクリアしておきたいですよね!今回は意外な自己PRの真実と意識すべきことをまとめました!

自己PRのパターン

サムネイル画像01

オーディションの際に行われることとして、実技審査に加え自己PRも必須項目の一つです。自己PRのパターンとして1分、3分、5分あり、大体のオーディションでは1分が定番です。
1分というと字にすると300文字程度で、限られた時間の中で審査員が興味を持ってもらえるようなことを伝えていかなければいけません。

自己PRで特技を披露するパターンや、ただの自己紹介をしてしまう人がいますが、

名前は〇〇で
出身地は○○です。
一生懸命頑張りますのでよろしくお願いします。

などは、自己PRにはなりません!せっかくのオーディションなのに、オーディション会場で出たとこ勝負や行き当たりばったりではせっかくのチャンスをのがしてしまうので 必ず準備をして意識を高く持ちましょう!

審査員は意外と聞いていない?
自己PRの真実

サムネイル画像02

自己PRで制限時間を設けられているのにも関わらず、話がまとまらずダラダラと話す人が結構多いのが実際のところ。端的にわかりやすくまとめましょう! しかし、「頑張ります!」のような具体性に欠けてしまうものではなくどのように、頑張っていくかなどより明確な取り組む姿勢をみせていければ良いですね!

構成力が話し方のポイントになってくると思います◎自分が主張したいことそれに対しての根拠それを今後どう芸能界に活かしていきたいか特技などを 実際に披露するのも良いですが、準備に時間がかかったり、荷物がかさんでしまいそうな楽器や道具を使う特技は好まれないことが多いかもしれないので 何人も審査をしなければいけない審査員が気楽にみれるものを用意しましょう!

自己PRで意識すべき3つのこと

サムネイル画像03

1.ストロングポイント
自分の強み弱みを理解する自己分析力、特技、趣味、好きなこと意外性やありきたりなものを特別にすることが重要です。

2.簡潔にわかりやすくアピールする
構成なぜ具体的に話す芸能界でどう活かしていくか抽象的な言葉や斬新な言葉はNG!自ら進んでおこなったことを具体的に話しましょう!

3.声のトーンや大きさ
話し方の雰囲気ハキハキと大きな声で話すべきであるオーディションでは「印象」がとても重要視されます。オーディションで求められる ことと自分がアピールできることの共通点を見つけ出し、自分の印象を審査員にしっかり残すためにも自分に興味を持ってもらうことが 大きな自己PRの目的になりますので、表情や声のトーンなど実際に動画で撮影をしたりなど普段の自分の印象を知ることも良い機会かもしれません! ファーストインプレッションで良い印象を持ってもらうために努めていきましょう!

まとめ

サムネイル画像04

オーディションでは短い時間の中で自分が何を伝えたいのかポイントをしぼって簡潔に話すことが重要です。 まずは自分を知ること。 個々それぞれ誰にでも良いところはあります。それをどう伝えるかであって内容はもちろんですが、話し方や表情なども印象に残る大事な要素になるので 実際に1分間を動画で撮影をし客観視してみるのも自分を知るきっかけになるとおもいます◎

しっかり本番に向けて準備をし最高のパフォーマンスができるようにしていきましょう!